ひろえもんの教育録

ひろえもんの教育録

塾・教育を主になんでも徒然なるままに書きます

「変化」について

今回は
講師向けの内容で
授業や生徒指導にて
“半歩先に出る”センス
についてお話します
ãã»ã³ã¹ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

「変化」についてです



学習塾業界ではなくとも
仕事においては
時代の流れとともに
自身の変化が必要になる時が来ます


たしかに
変化による
勇気と心身における苦痛は
ある程度は避けられないもので

できうることならば
したくはないという人の方が
多いのではないでしょうか


私ごときの経験則で
恐縮なのですが


私自身の経験も含めて
学習塾業界で出会った人たちの中で
変化をするとしないとでは
変化をした人の方が
成功の確率は高いと思います


具体的に
どういった変化をするのかというと


たとえば

生徒への教え方を
その生徒の年代に合わせた
ネタに変化させたり


自身のキャラクターを
あえて変えてみたり


場合によっては
職場や職種を変えてみたり

……という風にです


もちろん
変化をした最初の頃は
苦戦をしますが

いろいろと
変化をさせることによって
だんだんうまくいくやり方が
それなりにわかってきます

たとえてみるならば
ラジオの周波数を
合わせるようなものでしょうか


この部分が
センスなのです


私の周りにも
よく

「私には私のやり方がある」

というセリフを吐く人がいますが


だいたいそう言う人は
私の周りでも
出世や成功とは無縁な人が
とても多いです
※特にいわゆる“窓際族”が多い気がします

変化をあえてしない

というのであれば
それなりの理由が必要です

「生徒が今のやり方を強く望んでいるから」

「このやり方を続けていれば必ず成功する」

……といった感じで
それなりの根拠を持った上で
「変化をしない」という決断を
するべきなのです


少なくとも

「変化をするのが面倒だから」

「自身の今の地位が危なくなるから」

といったような
消極的な理由で
変化をしないというのは
とても危険であると言えるでしょう




公務員でもない限りは

今が良ければ
その後も安泰

という時代では
ありません


時を重ねるにつれて
若い頃にできていたことが
できなくなることも
結構ありますし

身の回りの
ルールや法則が
コロコロ変わることも
当たり前になりつつあります


そう考えると
変化を恐れずに
前向きに捉えて
あれこれと柔軟に変えるクセ・習慣を
身につけておくことは
半歩先に出るセンスとしては
重要な要素であると言えるでしょう


少なくとも
何の根拠もなく

「自分のやり方が今でもそしてこれからも正しい」

と勝手に決め付けて
いつまでたっても
やり方や考え方を
かたくなに変えない人には

時代からの痛いしっぺ返しが
待ち構えているということは
ほぼ間違いないと言える
のではないでしょうか

 

 

ではノシ

 

 

 YouTubeで授業動画はじめました! 
下記のリンクからご覧いただけますのでよろしくお願いします。

数学や理科の面白さを知ってもらえると嬉しいです。

 

おすすめ

www.youtube.com

 

www.youtube.com

チャンネル登録お願いします

www.youtube.com

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

ひろえもんのラインスタンプも絶賛発売中

https://store.line.me/stickershop/product/1725639

store.line.me

 

 

 

 

 

「講師がムキになりだしたら替え時」

今回は
個別塾において
通常授業での
非常勤講師の替え時の
目安についてお話します

f:id:a-hiro353:20181122094701p:plain


私は
個別塾の教室長時代
最も悩んだことの一つとして
非常勤講師のレギュラー授業の
替え時がありました


本音を言うと
講師に全て任せてしまうのが
一番楽なのですが

時には
明らかに授業で
講師と生徒のやり取りが
噛み合わない時がありました

そのまま放置してしまうと
保護者からクレームが
来ることもあるので

何らかの手を打たないと
いけない時があります

たしかに
非常勤講師を育てる上で

「授業でうまくいかない時にどう経験値を積ませるか」

という着目点も
ありましたが


あまりに
経験値が少ない講師であれば
そのまま自信をなくすこともあるので

頃合を見て
担当の生徒を
変えてあげることも
教室長の仕事の一つだと思います


その際の一つの
目安としては

「講師がムキになりだしたら替え時」

という目安を持っていました


教える仕事は
嘘でもほんのわずかな
心に余裕が必要です


熱血指導という言葉もありますが

心に余裕がない場合は
せっかくの熱血指導も
単に暑苦しいだけの授業となりがちです


生徒というものは
あまり距離の近すぎる講師は
よほどの好意的な異性でもない限りは
あまり好まない傾向があります

ですから
講師があまりに
授業でうまくいかなさすぎて
冷静さを失ったときは
ひとつクールダウンの意味も兼ねて
担当を外していました


講師側としては

「どうして外したのか」

と気になることが
多いですが


逆に言うと

どうして外されたのか

を自分の胸に手を当てて
考えさせてやる
きっかけを与えることも
講師育成においては
大切だということです

ではノシ

 

 

 YouTubeで授業動画はじめました! 
下記のリンクからご覧いただけますのでよろしくお願いします。

数学や理科の面白さを知ってもらえると嬉しいです。

 

おすすめ

www.youtube.com


www.youtube.com

 

www.youtube.com

チャンネル登録お願いします

www.youtube.com

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

ひろえもんのラインスタンプも絶賛発売中

https://store.line.me/stickershop/product/1725639

store.line.me

 

 

 

 

 

ここぞの局面で いつも逃げる人は・・・

今回は

ここぞの局面で
いつも逃げる人材を
下手に信頼して
重要な場面で起用してはいけない
ということについて
お話します


f:id:a-hiro353:20181119093612p:plain


今の個別塾業界は
いわゆる“訳あり校舎”が多く

一度
教室長にでもなったならば
なかなか健全な運営に戻すには
骨が折れるものです

とはいえ
一度引き受けたからには
どうにか校舎を再生しなくてはいけません


校舎を再生していくうえで
大切なのは
現在所属している講師の把握です


勤務可能状況
文系・理系
生徒との相性
授業への意欲や普段の準備の姿勢

……などなど
把握しておかなければならないことは
たくさんあります


その中で
特に重要なのは
講師の適正です

とりわけ
私が重視したのは
講師自身の能力よりも


その講師が

ここぞの場面で
向かっていくタイプなのか
逃げてしまうタイプなのか

という二択の把握です


残念ながら
いくら能力が高くても
ここぞの場面で
逃げるタイプの講師は
私は重宝しませんでした


理由としては
ここぞで逃げる講師は
肝心な時に全く役に立たないからです

そのくせ
肝心な時が過ぎ去ってから
ああだこうだと
言い訳なのかよくわからないことを
延々と話し出すのです

普段は
自信に満ち溢れていて
生徒や同僚相手に
自慢話をするくせに

肝心な時には
何度やっても
役に立たないのです


あまりに
何度もダメなので
授業から外すと
外されたことに
よほど不満があるのか

今度は
私のことを
陰で非難するようになります

「あいつはわかっていない」




もちろん
その講師を外したのは
私であって
確固たる責任と根拠を持って
外しているので
裏でいくらでも悪口を
言ってもらって構いません


しかし
教室長を任されている以上
校舎の命運は私に託されているのです

ですから
外されたからには
どうして外されたのかを
よく考え
反省するべきところは反省して
次回にチャンスをもらった時には
修正してリベンジするくらいの姿勢は
最低限持つべきです


そういった
姿勢を持たずに
ただ不満ばかりを述べる講師ならば

私はその講師が
どんなに能力が高くとも
全てのレギュラーから外します



ここぞの局面で逃げる講師は
意識的か無意識的かのどちらかで
致命的な逃げ癖を抱えています

うまくいく時だけ
調子づいて
うまくいかない時には
かわすことだけを考え出す
といったふうにです

こういった癖は
本人は気づいていないことが多く

なおさら
取り扱いには
苦労します

ではノシ

 

 

 YouTubeで授業動画はじめました! 
下記のリンクからご覧いただけますのでよろしくお願いします。

数学や理科の面白さを知ってもらえると嬉しいです。

 

おすすめ

www.youtube.com


www.youtube.com

 

www.youtube.com

チャンネル登録お願いします

www.youtube.com

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

ひろえもんのラインスタンプも絶賛発売中

https://store.line.me/stickershop/product/1725639

store.line.me

 

 

 

 

 

「学習塾での仕事=(人生の)失敗」なのか

今回は
世間に未だに根強く残っている
「学習塾での仕事=(人生の)失敗」
というイメージは
本当なのかということについて
お話します
ã失æãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 



世間での
学習塾の仕事については
ネガティブなイメージが
結構あります


たしかに
・低年収
・時間的拘束が長い
・新卒で学習塾業界に入ると
何もスキルが身につかないので
つぶしが効かない
・学習塾はブラック企業が結構ある

……こういったことは
どこの学習塾でも
よくあります
※少なくとも私が経験した限りは
そういうことは結構ありました

とはいえ
私自身は
厳しいことは多々ありましたが
学習塾の世界で経験してきたことは
まったくムダとは思っていません

問題は
学習塾での仕事が
人生の失敗であるかどうかよりは

一度入った世界で
逃げずにどこまで
とことん戦ってきたか
ということではないかと思います


私は
あくまでも
せっかくこの世界に入ったのだから
たとえの垂れ死ぬことになっても
その瞬間その瞬間を
悔いのないように仕事をしていく
という信念を持っています


大切なことは
どの世界で仕事をするのが
成功かどうかよりも
一度入った世界で
どこまでとことん突き詰めて
仕事をするか
ではないかと思うのです


どの世界で仕事をすることになっても
自らが周囲の目に怯えることなく
信念に基づいて
堂々と仕事をすることによって

その背中を見続けた人間が
憧れを抱き
時の流れとともに
意思を引き継いでいく
ということなのではないでしょうか
私はそう思います


そういったことからも
学習塾での仕事が失敗なのではなく

現在業界に所属する
個人個人の
仕事への姿勢そのものが
問題なのではないでしょうか


それは
学習塾だけの問題ではなく
他業種でも同じことが言えると思います


どの世界であっても
仕事を適当にする人間は
どのようなことでも
適当に生きているものです


・失敗をごまかして
決して自分のせいにならないように
持てる英知を駆使する

・自分では判断できないことを
他人に委ねておいて
あとで陰でグチグチと文句を言う

・意味もなくダラダラと残業・休日出勤して
定時で帰ろうとする人間を
「仕事をしない奴」とわめき散らす

・才能がある人間に意味もなくプレッシャーをかけ
自分の地位を安定させるために
無駄に全力を尽くす


そういった
馬鹿げたことを
定年まで延々と
行おうとするのでしょう


それは
学習塾だけでなく
どの世界でも同じです



仕事とまともに向き合わない人間は
学習塾であろうがどの世界であろうが
近いまたは遠い未来に
失敗がもれなく待ち構えているのです


ですから

私は
学習塾での仕事は人生の失敗だ
とは思っていません


むしろ
どうしようもないヘタレで
貧乏人だった
私に確固たる自信と
自分自身のチカラで生活ができる力
を持たせてくれた

この業界で仕事が出来たことを
誇りに思います


そこそこ力を持った人間は
収入の高低関係なく
どの世界でも最低限であれ
なんとか生きていけるものです


逆に言うと
いくら高収入で
安定した職場でも

日々
自分の地位・生活を守るために
したくもない媚をひたすら売りつづけて
そのまま生涯を終える人生の方が
私にとってはバカバカしい限りです


そのような人生を
世間では成功とでも言うのかもしれませんが
私からすれば
それこそ人生の失敗ではないか
と思う限りです


自分の意思・力で
自由に生きていけない人間は

どの世界でいたとしても
本当に成功とは言えない
と私は考えています

ではノシ

 

 

 YouTubeで授業動画はじめました! 
下記のリンクからご覧いただけますのでよろしくお願いします。

数学や理科の面白さを知ってもらえると嬉しいです。

 

おすすめ

www.youtube.com


www.youtube.com

 

www.youtube.com

チャンネル登録お願いします

www.youtube.com

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

ひろえもんのラインスタンプも絶賛発売中

https://store.line.me/stickershop/product/1725639

store.line.me

 

 

 

 

 

お子様のカバンの中身知ってますか?

今回は
お子様の生活習慣改善ついてお話します

f:id:a-hiro353:20181016093827p:plain


よく、授業などで
カバンの中身を出させていると
筆記用具やノートを出すだけで
かなりの時間を要する生徒がいます


生徒側からすると
「いちいち出し入れすることが面倒」と
いうわけで中身を入れっぱなしにしているのだと
思います

ですが
問題なのは大切な案内(請求・面談案内など)を
入れっぱなしにしていて
1、2ヶ月経ってから

保護者様より
返事の電話が来ることがあります

請求は溜まっていなければ
遅れてでも良いのですが

さすがに面談に関しては
スタッフにもスケジュールがあるので
本音から言うと
厳しいものがあります



案内だけではなく
学習においても
やはりカバンの入れっぱなしは
良くない習慣です

学習というものは
普段の生活習慣から
改善していくことが
一番です

一度、お子様のカバンの整理をオススメします

ではノシ

 

 

 YouTubeで授業動画はじめました! 
下記のリンクからご覧いただけますのでよろしくお願いします。

数学や理科の面白さを知ってもらえると嬉しいです。

 

おすすめ

www.youtube.com


www.youtube.com

 

www.youtube.com

チャンネル登録お願いします

www.youtube.com

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

ひろえもんのラインスタンプも絶賛発売中

https://store.line.me/stickershop/product/1725639

store.line.me

 

 

 

 

 

お子様との お話での接し方とは

今回は
お子様との
お話での接し方について
お話します

f:id:a-hiro353:20181014095703p:plain


保護者とお子様は
どうしても距離が近すぎるせいか

普段のコミュニケーションで
なかなかうまくいかないことが
あるようです

私は子どもと接するとき
いつも心がけていることがあります


とは言っても
別にむつかしいことではありません

ですが
必ずいつもそうしてあげることが
大切です

ダイエットと同じように
途中でやめてしまっては
いけません

私は
お子様と接するときには
言葉の最後には
そのお子様にとって+の言葉で
終わらせています

「テストの結果は良くなかったか……
でも、次は取ろう!必ず取れる!」

「今日は10分遅刻したか……
でも、昨日よりは5分早かったよね
次は、もう5分早く来てみよう!」

……というように
必ず語尾は+で終えるのです

お子様は
励まされると

ほとんどの子は
「次こそは!」と
思ってくれます

この誓いが
とても大切なのです

そして
問題が改善されたら
必ず褒めてあげるのです

根気強さは
必要ですが

教育とは
我慢の積み重ねであると
私は考えます

だからこそ
成功したときは
心から嬉しいのです

ではノシ

 

 

 YouTubeで授業動画はじめました! 
下記のリンクからご覧いただけますのでよろしくお願いします。

数学や理科の面白さを知ってもらえると嬉しいです。

 

おすすめ

www.youtube.com


www.youtube.com

 

www.youtube.com

チャンネル登録お願いします

www.youtube.com

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

ひろえもんのラインスタンプも絶賛発売中

https://store.line.me/stickershop/product/1725639

store.line.me

 

 

 

 

 

新しい客か古い客か

今回は
塾の運営でよくある
新規生に対する
ケアについてお話します

f:id:a-hiro353:20181012114740p:plain


今のご時世は
どこの塾も
新規生の獲得に
大変躍起になっています

しかし
塾の運営としては
果たしてこのやり方で
いいのでしょうか?


基本的に
塾というものは
新規生を獲得すれば

その塾内での
顧客の母体数が
上がるわけですから

良いとされています

ですが
塾のサービスの質が
急激に劣化しています

特に
授業がひどすぎます

・講師がまともな授業ができない
・「こんなものもできないのか」と
平気で生徒に言う
・授業中20分以上の放置がよくある

このような
状況を隠して
新規生を獲得している
今は塾が大半です

ただでさえ
サービスの品質が
劣化しているのに

その上無理やり新規生を
獲得して
さらに授業の品質を
悪くして
平気なのでしょうか?



会社側は平気なのです

ですが
顧客側からすると
たまらないと思います

そこで
ひとつの塾診断方法として

長年通っている塾生に
状況を伺ってみることを
オススメします

長年通っているわけですから
変化にはとても敏感です

特に悪い変化には
必ず思うところがあると思います

逆に運営側としては
新規獲得より
古い顧客を大切にして欲しいと
私は考えています

長期的な運営を考えてみると
やはり根強いファンが多い
店が最後には生き残ります

 

 

ではノシ

 

 

 YouTubeで授業動画はじめました! 
下記のリンクからご覧いただけますのでよろしくお願いします。

数学や理科の面白さを知ってもらえると嬉しいです。

 

おすすめ

www.youtube.com


www.youtube.com

 

www.youtube.com

チャンネル登録お願いします

www.youtube.com

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

ひろえもんのラインスタンプも絶賛発売中

https://store.line.me/stickershop/product/1725639

store.line.me

 

 

 

 

 

エース講師になるために必要な事とは

今回は

学習塾業界で
講師業をする人向けの内容で
校舎内でエース講師になるための
ノウハウについて


お話します

ãã¨ã¼ã¹ ããªã¼ç»åãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 


現在の塾業界は
未だ
確固たる非常勤講師の育成システムは
残念なことにどこも確立されていません

       
まず
学習塾の講師業では
学歴は一切関係ありません
※もちろん生徒に対して教える学力が
まったくないのであれば問題ですが

基本的に
“ただ問題が解けること”と
“わかりやすく教えること”は
根本が全然違います


ですから
たとえどれほどの高学歴であっても
教える技術が未熟であれば
講師としては生き残ることはできません


次に
担当できる教科は
理想は数学と理科です
※特に数学(関数・図形)は一番生徒ができない教科なので
講師業としては比較的ハードルが低いです

次候補は英語です
※特に長文がわかりやすく教えることができれば良しです

ほかの講師が
嫌がる単元をわかりやすく教えることができれば
その分生徒からの信頼度が上がりやすいです


生徒から認めてもらうまでは
何度も何度も
予習をして
教材研究をしましょう

「無難にうまくやろう」
としてはいけません
理由としては
生徒に見抜かれてしまえば
それまでになってしまうからです

最後に一番大切なことは
“絶対に生徒から逃げないこと”です

決して感情的にならずに
注意するべき時は注意して
生徒が苦しんでいるときは共に苦しんであげましょう

その姿勢を1年間変えずに続けることができれば
気がついたときは
自然とエース講師になっていることでしょう

エース講師とは
教える技術と生徒を支えるハートの双方を
持っている講師なのです

 

 

ではノシ

 

 

 YouTubeで授業動画はじめました! 
下記のリンクからご覧いただけますのでよろしくお願いします。

数学や理科の面白さを知ってもらえると嬉しいです。

 

おすすめ

www.youtube.com


www.youtube.com

 

www.youtube.com

チャンネル登録お願いします

www.youtube.com

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

ひろえもんのラインスタンプも絶賛発売中

https://store.line.me/stickershop/product/1725639

store.line.me

 

 

 

 

 

生徒と講師の相性

今回は
講師育成法として
講師を育てるためには
生徒との相性を重視する必要性について
お話します

f:id:a-hiro353:20181010012642p:plain


部下(講師)や生徒・保護者を生かすも殺すも
教室長の采配にすべてがかかっています

その際
特に気を配らないといけないのは
講師と生徒との相性です

実力派のベテラン講師であれば
相性は考えなくても良いですが
新人から中堅クラスの講師には
相性というものを良く理解して
経験を積んで貰う必要があります


まず

一般的な多くの塾校舎は
時間割(特に個別)は
教室長自身の感覚で作っています

「ここの時間帯この講師が空いているから入れよう」

「この講師は文系だけど、一応数学もできるから入れよう」
※例:英語・数学の1(講師)対2(生徒)
英語・国語・数学の1(講師)対3(生徒)

……とこのように
講師の時間帯(または授業のコマ)が空いているから
という理由だけで
特に意図もなく
時間割が組まれることがほとんどです
※中には明らかに力不足な講師に対して
無理な授業を組んだりすることもあります




無理難題な授業を組んでおいて
その理由が

「講師の伸びしろを見たい」
「給料を出しているのだから」
「この程度は出来てもらわないと」
※こういうセリフを言っておきながら
組んだ本人(教室長)は何が何でも責任から逃げるという始末

はっきり言って
こういう起用法をしている塾は
講師の離職率はほぼ100%です
※おそらく
いつも他校舎にヘルプを頼んでは講師を潰しているのでしょう

いわゆる
無能な教室長です

教室長であるのであれば
講師も生徒と同じくお客です

そうなれば
大切に育てることは当然のことです


ならば
講師と生徒との相性くらいは
最低でも知っておくべきですし
いつもチェックしておかなくてはいけません

別の記事でも述べていますが
人間はモノではないです

生徒や講師への配慮に欠けている教室長は
もはやこれからの時代は生き残ることはできないです
※唯一残れるとするならば
上司に媚でも売って社畜にでもなるしかないでしょう

そう言う塾人は周りに星の数ほどいます

慢性的な人手不足で悩んでいる教室長は
一度
講師の生徒との相性に基づく
起用法について真剣に考えてみる必要が
あると思います

ではノシ

 

 

 YouTubeで授業動画はじめました! 
下記のリンクからご覧いただけますのでよろしくお願いします。

数学や理科の面白さを知ってもらえると嬉しいです。

 

おすすめ

www.youtube.com


www.youtube.com

 

www.youtube.com

チャンネル登録お願いします

www.youtube.com

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

ひろえもんのラインスタンプも絶賛発売中

https://store.line.me/stickershop/product/1725639

store.line.me

 

 

 

 

 

アンケートの危険性

今回は
最近の塾では
当たり前のように
導入されつつある
授業アンケートについて
お話します
ãã¢ã³ã±ã¼ããã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 



アンケート項目は
学習塾によってかなり異なりますが

要は
「授業がわかりやすいか」
「この先生はお気に入りか」
ということを
さりげなく聞き出したいようです

 


まず
率直な意見を申し上げるならば
「アンケートは全くの無意味だ」
ということです


なぜならば

そもそも塾というものは
「家庭が子供を勉強をさせたくともしないので塾に預けて勉強させたい」
というニーズを受けているからです

ということは
極端に言うのであれば
塾というものは子供に嫌われてでも
勉強をさせることに意義があるということです


そう考えると
アンケートは塾の存在意義に反します




どういうことかと言うと
要は
「アンケート結果を恐れて嫌われてでも勉強をさせない講師が出てくる」
ということです

これでは
本末転倒です

顧客満足を意識して
アンケートを導入しているとは
思いますが

今のアンケート自体は
学習塾の必要とする
定義とは大きくかけ離れています

再度アンケートのあり方というものを検討してみる
必要があるかもしれません

ではノシ

 

 

 YouTubeで授業動画はじめました! 
下記のリンクからご覧いただけますのでよろしくお願いします。

数学や理科の面白さを知ってもらえると嬉しいです。

 

おすすめ

www.youtube.com


www.youtube.com

 

www.youtube.com

チャンネル登録お願いします

www.youtube.com

ポチっとお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ
にほんブログ村

 

 

ひろえもんのラインスタンプも絶賛発売中

https://store.line.me/stickershop/product/1725639

store.line.me